Event is FINISHED

肩関節疾患の病態メカニズムを突き止め、改善するための評価と治療

Description

臨床家のための運動器研究会  

肩関節疾患の病態メカニズムを突き止め、改善するための評価と治療

【日  時】2018年10月6日土曜日10:00~16:00
【講  師】村木孝行先生
      (東北大学病院リハビリテーション部主任)
【会  場】川崎市産業振興会館
       (神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20)
【参 加 費】 ¥7,000
      ※理学療法士協会ポイント対象講演会として申請をしております。
      認定されない場合もございます。ご了承願います。
【申込期間】2018年10月5日㈮まで
【申込方法】「チケットを申し込む」よりお申込み画面にお進みください。
        参加費のお支払い完了で、お申込みの受付が完了します。



◆セミナー内容◆

"肩関節疾患の理学療法となると、「何をしたらよいのかわからない」、「難しい」、などという声をよく聞くことがあります。それは仕方のないことだと思います。なぜなら、学校で教わることは少なく、臨床実習においても症例を担当することも少ないからです。しかしながら、肩関節疾患の症状が構造異常のみならず機能異常によって引き起こされていることが多いことから、理学療法の効果が国内外で認められており、その需要は高まっています。
本セミナーでは肩関節疾患で生じる病態の原因となる機能異常をどのように評価すれば良いか、その機能異常に対してどのように治療を進めていくかについての理論と実践方法を紹介・解説します。


参考書籍:肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション"

◆講師のプロフィール

平成103月 

北里大学医療衛生学部リハビリテーション科  卒業

平成104月~平成153月 

東海大学医学部付属病院 理学療法士

平成154月~平成173月 

札幌医科大学大学院保健医療学研究科博士課程前期

平成174月~平成193月 

札幌医科大学大学院保健医療学研究科博士課程後期

博士号(理学療法学) 取得(平成193月)

平成194月~平成213月 

米国メイヨークリニックバイオメカニクス研究室 研究員

平成214月~

東北大学病院リハビリテーション部 理学療法士

東北大学大学院医科学研究科 非常勤講師

平成281月~293

作新学院大学 客員教授(兼任)

平成304月~

首都大学東京 客員教授(兼任)      現在に至る

所属学会・研究会

国際肩肘セラピスト学会 理事

日本肩関節理学療法研究会 幹事

野球肘研究会 幹事

マニュアルセラピー研究会(北海道)顧問

正会員:日本肩関節学会

準会員:日本整形外科スポーツ医学会、日本肘関節学会、日本整形外科超音波学会

受賞歴

平成22年 Ian Kelly Best Paper Award

(3rd International Congress of Shoulder and Elbow Therapist)

平成19年 第12回整形・災害外科優秀論文賞

平成17年 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 最優秀論文賞


★村木孝行先生の大変貴重な座学セミナーです!お申込みお待ちしてます!!★



※お振込みはお申込みから3日以内にお願いします。
3日を過ぎますと自動的にキャンセルとなります。
3日過ぎた場合は再度お申し込み願います。

※キャンセルについて
セミナーの1週間前までです。
それ以降は受講費の返金は行なっておりませんのでご了承ください。
ただしセミナーチケットの譲渡は可能です
(その場合、事前に事務局にご連絡ください)。

・クレジットカードの場合
支払日から50日以上の場合、 500円のキャンセル手数料をひいて返金します。
支払日から50日未満の場合、キャンセル手数料は無料です。
・銀行振込の場合   
500円のキャンセル手数料をひいて返金します。



※台風・大雨・降雪など天災が生じた場合でも、当研究会から日時変更・中止の連絡がない限り、セミナーを開催いたします。

【お問合せ】
臨床家のための運動器研究会 お問合せページよりお願いいたします


Sat Oct 6, 2018
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
肩関節疾患の病態メカニズムを突き止め、改善するための評価と治療 SOLD OUT ¥7,000
Venue Address
神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 Japan
Organizer
臨床家のための運動器研究会
1,138 Followers